top of page
検索
  • guzeiintoyota

プラムヴィレッジの僧侶と共に過ごす1日 in 愛知 日常をマインドフルに暮らす


プラムヴィレッジマインドフルネスジャパンツアー2024 Being Peace ~平和を生きる

「プラムヴィレッジの僧侶と共に過ごす1日 in 愛知 ~日常をマインドフルに暮らす」

2024年3月30日(土)9:30-18:00

安養山 弘誓院(愛知県豊田市)


※参加希望の方は必ず以下の特設サイトよりチケットのご購入をお願いいたします。


※本イベントの主催は【プラムヴィレッジ招聘委員会】となります。イベント詳細ならびに質問等お問合わせは以下のサイトよりお願いいたします。https://tnhsangha.wixsite.com/mindfuljptour2024/contactus

**************************************

〜マインドフルネスは、今この瞬間に気づき、目覚めているというエネルギーです。

それは人生に深く触れることを、一瞬一瞬くりかえしていく実践です。〜

                        ーティク・ナット・ハン

現代社会においては、多くの人が孤独や無力感、絶望などを感じています。

私たちは平和、安心、喜び、幸せを求めていますが、そのためにとるべき道は、マインドフルネスの実践をよりどころにすることだとティク・ナット・ハン師は説きます。

坐るときは、リラックスして安らぎを感じながら坐る。

食べるときは、宇宙からのギフトとしての食べ物をじっくりとあじわって食べる。

話すときは愛を込めて話し、きくときは心から深くきく。

歩くときは、世界でもっとも自由な人、もっとも平和な人として歩く。

何気ない行いや、日常の小さな物事のなかにある価値を、私たちは見過ごしてはいないでしょうか。

今ここにある豊かさを丁寧にあじわうことなしに、次々に消費にかられてはいないでしょうか。

マインドフルネスの実践は、私たちに人生に深く触れる経験を促し、自分自身と世界に癒しと変容をもたらすエネルギーを生み出します。自分自身の中に平和を作り出すことが、世界に平和を作り出すのです。

この3月、マインドフルネスの元祖のひとりとして世界的に著名な禅僧ティク・ナット・ハン師(2022年遷化)から直に教えを受けた5人のダルマティーチャー(導師)が来日し、『プラムヴィレッジマインドフルネスジャパンツアー2024 Being Peace』を日本の各地で開催します。

愛知においても、丸一日じっくりとそのダルマティーチャーと共にプラムヴィレッジのマインドフルネスを実践する機会を設けます。

プラムヴィレッジからこれほどのメンバーが愛知に来るのは、初めてのことです。

マインドフルネスを初めて体験する方もすでに実践されている方も、関心のある方はどなたでもどうぞお気軽にご参加ください。

プラムヴィレッジのマインドフルネスを体験する

ティク・ナット・ハン師は、ブッダの教えを紐解き、どうあれば平和で豊かな人生が送れるのか、日常に取り入れやすいそのすべを私たちにわかりやすく説きました。

コロナ禍を経て、オンラインで場所を問わず学べるという時代になりましたが、このリトリートでは、僧侶の在り方(being)に直に触れ、座る瞑想、歩く瞑想、横になって行う瞑想などのプラクティスを行いながら、一人一人が自分に寄り添い、生き生きとした自分自身に戻る為のセルフケアの方法、他者への共感や繋がりについて学びます。

アメリカ、タイ国、フランスのマインドフルネス・プラクティス・センターで日々実践している僧侶たちと共に、マインドフルネスの1日を過ごし、内なる平和を育みましょう。

プラムヴィレッジとは

プラムヴィレッジとは、ベトナム人禅僧ティク・ナット・ハン師が創設した共同体で、人々が互いに、また地球と調和して生きる方法を学ぶために、健康的で滋養のある環境を作るという夢を実現させた愛しのコミュニティ(Beloved Community)です。フランス、アメリカ合衆国、タイなど、世界各地で11ヶ所で開かれています。2022年ティク・ナット・ハンの遷化(逝去)後もその教えは、弟子たちによって受け継がれています。

プラムヴィレッジを訪れると、多くの人は、こんなに平和な場所が現実に存在することに驚きます。そして、そこで心身のくつろぎを取り戻し、自分の中に元々存在する寛容さや自由さなどのエネルギーに改めて気づくことができたと語ります。

今回の来日ツアーは、そのプラムヴィレッジに暮らす僧侶たちの平和な在り方(Being Peace)を体感覚で学ぶチャンスです。

※原則、言語は英語で行われ、日本語の逐次通訳がつきます。

****************************

【日時】2024年3月30日(土) 9:30-18:00 (9:00-受付)

【会場】安養山 弘誓院(あんにょうざん ぐぜいいん)大方丈(〒470-0364 愛知県豊田市加納町寺山8番地)https://www.guzeiin-toyota.com

【会場までのアクセス・駐車場】

《お車でお越しの場合》弘誓院の駐車場有り:100台

 猿投グリーンロード加納 IC 出口左手すぐ。猿投温泉の看板の裏手に境内の墓地が見えます。

※ナビですと有料道路グリーンロード上に出てしまうことがあります。名古屋方面からお越しの方はグリーンロードを加納インターで降りてください。また東海環状自動車道をご利用の際は豊田藤岡インターで降りていただき、地道をご利用ください。

公共交通機関でのご来場は、周囲の駅(豊田市駅、上豊田、浄水など)から最寄りのバス停「加納末石」までのバス本数が大変少ないこととそれらのバスの運行が遅れがちなこと、また最寄りのバス停から弘誓院への道がわかりにくい等の不便さがある為、あまりおすすめできません。

この為、リニモ及び愛知環状線の八草駅↔︎弘誓院 間に、このイベントのための専用バスを出しますので、お車で来場されない方は、専用バスの利用をおすすめします。詳しくは以下をご覧ください。

《八草駅から専用バスを利用》

このイベント参加者専用として、リニモ及び愛知環状線の八草駅から会場となる弘誓院までバスを出します(往復)

名古屋方面からは、リニモ藤が丘駅(地下鉄東山線終点)から出ているリニモに乗って、終点・八草駅下車。そこから専用バス(*)で弘誓院まで15分程度で到着が目安です。

リニモ及び愛知環状線の八草駅2番出口付近が集合場所です。

(*)専用バス乗車ご希望の方は事前お申し込みが必要です。

バス乗車ご希望の方は、3月14日(木)までにお申し込みください。

イベントお申し込みの際、お申し込みフォームの「専用バスに乗車希望する」にチェックを入れていただき、「ご寄付」ボタンから、バス乗車代として1,000円以上のご寄付をお願いいたします。(参考:タクシーの場合、片道2,500~3,000円程度)

「専用バスに乗車希望する」にチェックがない場合、バス乗車人数にカウントされませんのでご注意ください。

〈専用バスの乗車時刻(予定)〉 

[行き] 集合時間 8:40 

8:45 (※)リニモ及び愛知環状線の八草駅発(2番出口付近) 〜(約15分)弘誓院着 

※集合時間時間厳守でお願いします。バスは定刻発、一便のみの運行です。

[帰り] 

18:30 弘誓院発 〜 (約15分)リニモ及び愛知環状線の八草駅着

    

・バス乗車希望のお申し込み締切日(3/14)は、イベント申し込み締切日(3/20)と異なりますのでご注意ください。

・イベント当日のお申し込みはできません。

・乗車如何に関わらず、片道だけのお申し込みはできませんのでご了承ください。

《専用バスを使わずに公共交通機関及びタクシーを利用》

・とよたおいでんバス「加納末石」下車、徒歩10分(遅延のおそれ、バス停からの道がわかりにくいためおすすめしません)

・名鉄「浄水駅」、愛知環状鉄道「四郷駅」「貝津駅」、リニモ「八草駅」からタクシー利用で10~15分(詳しくはご自身でお調べいただきますようお願いします)

※タクシーはお一人で利用されると2500~3000円ほどかかりますので、乗り合いをお勧め致します。

名鉄タクシーの配車用電話番号:(0565)-32-1541 (タクシーを呼んでから来るまでに30分程度はかかります。お電話にて時間指定して事前配車をお願いしておく事をおすすめします。)

弘誓院までのアクセス方法は弘誓院ウェブサイトもご参照ください。https://www.guzeiin-toyota.com

【定員】100名程度

【参加対象者】マインドフルネスに関心のある方、どなたでもご参加いただけます。

【参加費】

大人 8,000円

高校生以上の学生 7,000円(当日、要学生証提示)

小学生〜中学生以下 1,800円

*全て昼食ヴィーガンお弁当付き(卵、乳製品、動物性食材不使用、五葷抜き(玉ねぎ、ねぎ、ニラ、らっきょう、ニンニク不使用) 、小麦、大豆使用) by グレインズ

    

※お申し込みはお一人1枚ずつの購入でお願いします。

※経済的困難を抱えている人は別途ご相談ください。

※乳幼児同伴の参加についてはご相談ください。

※Peatixからのお申込みができない方は、こちらの「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。お振込み口座をお知らせいたします。お振込みが確認できましたら受付完了となります。

【申し込み締切日】2024年3月20日(水) 23:59 (バス乗車希望締切日:3月14日(木)23:59)

【内容】*内容は予定です。事情により変更の可能性があります。あらかじめご了承ください

 ・法話

 ・座る瞑想

 ・歩く瞑想(屋外、雨天時は屋内)

 ・食べる瞑想

 ・深いくつろぎの瞑想

 ・Q&A など

  ※終了後、僧侶との交流時間や、フランスプラムヴィレッジグッズの寄付販売を予定しています。

【持ち物】

・横たわるリラクゼーションのための敷物(ヨガマットや大きなバスタオル)と体にかける防寒具(ひざかけなど)

・帽子、防寒具(屋外で歩く瞑想を行う予定です。雨天の場合は屋内で行います)

・蓋付の飲み物(会場で温かいお茶の準備はありますが、必要な方はお持ちください)

 ※なお、当日は、フランスプラムヴィレッジより提供されるアイテムとして、カリグラフィー(ティク・ナット・ハン師が創作した英文字の書道)、エコバッグなどの寄付販売もあります。現金のみでのご寄付となりますので、ご希望の方は現金をお持ちください。

【来日する僧侶プロフィール】

アメリカ、タイ国、フランスよりお越しいただく5人の僧侶は、全てダルマティーチャー(導師)です。

◆ブラザー・ファップ・ユン 

世界のプラムヴィレッジの中でも最も敬愛されるダルマティーチャーのひとり。元建築士・デザイナー。あたたかく親しみやすい人柄とパワフルな法話に定評がある。アメリカのディアパークに暮らす。

◆シスター・リン・ニェム

タイ国生まれ、アメリカで学ぶ。ユニセフなど数多くのNGO団体で働く。タイ国プラムヴィレッジ建立に尽力し、重要な役割を担った。タイ国プラムヴィレッジに暮らす。

◆シスター・キン・ニェム

15歳で出家。15年以上ティク・ナット・ハン師のアテンド(付き人)を務めた。現在アメリカのディアパーク僧院に暮らし、お茶や笑いを分かち合うことを楽しんでいる。

◆ブラザー・ファップ・コイ

現在フランスのプラムヴィレッジで暮らす。山でのハイキングや自然の中での実践を好み、草木の手入れや動物の保護に心を寄せている。自称「怠け者の僧侶(Lazy monk)」。

◆シスター・チャイ・ニェム

アメリカで生まれ、子ども時代を横浜で過ごす。出家前は、世界的に活躍するプロのヴァイオリニスト。日本人出家者で初めてのダルマティーチャーとなる。

僧侶の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓

◆ティク・ナット・ハン師のプロフィール

世界で最もよく知られ、最も尊敬されている禅僧の一人であり、詩人であり、平和・人権活動家。

欧米での影響力はダライ・ラマ法王と並び称される。100冊以上の著書は30カ国語に翻訳され、多くがベストセラーとなっている。

近年では世界銀行やアメリカ議会、Googleなどのリーディングカンパニー、ハーバード医科大学やUCLAにも招かれて、講演や瞑想指導をおこなった。NHK「こころの時代」で2回にわたって紹介され、日本でも大きな反響を呼んだ。

1926年 ベトナムに生まれ、16歳で出家。臨済宗42世、ベトナム禅宗了観派8世法灯を継ぐ。

1960年代 ベトナム戦争下で「行動する仏教」を提唱し、非暴力と思いやりに基づく反戦活動を行う。キング牧師より、ノーベル平和賞の推薦を受ける。

1982年 フランスで亡命中に仏教の僧院・瞑想センターとして「プラムヴィレッジ」を設立し、人々の苦しみを和らげるための活動を開始。多くの弟子を育てながら、広く一般の人々も受け入れている。世界各地に招かれて、マインドフルネス瞑想を指導する。2008年から「応用倫理」という形でマインドフルネスを教育に取り入れることを提案し、2011年よりプラムヴィレッジの教えを学校に取り入れるためのウェイクアップスクールのプログラムを提案。多くの教育者向けのリトリートを開催してきた。

2014 年 脳出血で倒れるが、驚異的な回復力を見せ、2018 年11 月、約40年にわたる亡命生活に終止符を打って、故郷ベトナムへ帰還。自身が出家をしたフエの寺院でおだやかな日々を過ごしたのち、2022年1月22日遷化(逝去)。

現在、プラムヴィレッジは欧州最大の僧院となり弟子たちが師のマインドフルネスの教えを伝えている。

【ご寄付のお願い】

プラムヴィレッジ・マインドフルネス・センターは、皆様からのご寄付により運営されています。

また、主催のプラムヴィレッジ招聘委員会はボランティアの任意団体であり、本ツアーは非営利の活動です。

皆様からのお力添えは、大小を問わず大きな励ましとなります。ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

Peatixからお申し込みの際、合わせて『ご寄付金』のいずれかを選択して、手続きをお進めください。

Peatixをお使いにならない方は直接お振込みいただくこともできます。

*お振込先*

ゆうちょ銀行

 記号:10930

 番号:38145191

 口座名:プラムヴィレッジ ショウヘイイインカイ

ゆうちょ銀行以外から振込する場合

 店名:〇九八(読み ゼロキュウハチ)

 店番:098

 預金種目:普通預金

 口座番号:3814519

ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ】

このイベントに関するお問い合わせは、まず特設ウェブサイトの「よくある質問」をご覧ください。

解決できない場合は、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

なお、返信には時間がかかる場合がございます。ご了承ください。

=====================================================================

【免責事項】

・主催者事務局は、 イベント中、皆さまの安全に可能な限りの配慮を致しますが、 天災による支障、参加者ご自身により起こした怪我や病気、 また盗難・ 破損等の事故に関しましては主催者側では責任を負いかねます。 心身の健康管理、所持品管理などは、 個々人の責任において行ってください。

・万一不適切な言動があった場合、 他の参加者のプラクティスの妨げになると事務局が判断した際には 、お帰りいただくこともございます。

以上の点をご了承のうえご参加ください。

◆宗教の布教やネットワークビジネスを目的とした関係者の方は、 参加お申し込みをご遠慮頂きます。

◆重度の精神疾患と診断され投薬治療中の方は、 担当医の了承を得ていただき、 事務局にあらかじめお知らせください。 事務局からご連絡をさせていただくこともございます。

【プライバシーポリシー】

以下のリンク先でご確認ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「Mindfulness Japan Tour 2024 Being Peace 〜平和を生きる」ウェブサイト

本ツアーでは、愛知イベントの他にも、広島、鎌倉、東京でも多数のイベントを行います。

詳細は特設ウェブサイトをご覧ください。

ウェブサイト「ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え」

【主催】プラムヴィレッジ招聘委員会

【協力】安養山 弘誓院


閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page